美容インターナショナル

脂肪除去

服の露出が増えるようになる時期には、脂肪吸引を考えるようになる人も増えるようです。脂肪吸引の技術は最近では進歩してきており、様々な施術の方法が生まれてきています。通常の脂肪吸引法に加えて、切らない脂肪吸引と言われるようなものも認知されてきています。
脂肪細胞自体を減らすものになっているので、施術をしてもリバウンドをすることが少なく、通常のダイエットでは痩せることができないような部分も痩せることができます。 Read the rest of this entry »

リバウンドはなぜ起こるか

減量をしているときに、最初は順調に体重を減らすことができるかもしれません。しかし、途中に必ずなかなか体重が減らなくなる、停滞期といえる時期が訪れることになります。 Read the rest of this entry »

リバウンドを続けていると

リバウンドを繰り返してしまっていると、体質的に太りやすいものへ、痩せにくいものへとなってしまいます。特にそのケースが多く見られるのが、極端に食事制限をすることによってリバウンドを繰り返してしまった場合です。
Read the rest of this entry »

炭水化物を必要以上に避けてはいけない

ダイエットでよく聞くのが「炭水化物抜きダイエット」。ダイエットを試みる人がよくやるダイエット法の一つで、糖質や脂肪になりやすいからと避ける方が多いのです。しかし炭水化物は、人間の3大栄養素の一つ。大幅にカットしてしまうと、疲労感のもとにもなり、ダイエットにもあまりよくありません。却って、リバウンドの起こしやすい身体になってしまったり、代謝を悪くする元なのです。 Read the rest of this entry »

エラの張りを直せるマッサージ

エラが張っていて顔が大きく見えてしまうことがコンプレックスになってしまっている人もいるのではないでしょうか。最近では特に小顔が意識されてきていますし、女性としては特に気になるところですよね。 Read the rest of this entry »

ベビーマッサージについて

ベビーマッサージをするということは、親子の交流にもなるものです。赤ちゃんに対して愛情を伝えるためのスキンシップにもなりますし、赤ちゃんの体調を整えるためにも非常に効果があるのです。 Read the rest of this entry »

小顔矯正をすることで

小顔矯正をすることによって得られる効果には、様々なものがあります。
小顔矯正の何よりの目的は、やはり小顔を矯正するということです。しかし、それだけではなくそこまでの過程にも、様々な効果があり、それが小顔に導いてくれているのです。 Read the rest of this entry »

キャンペーンを狙って全身脱毛を受けよう

全身脱毛の施術のためには、どれだけの費用が必要になるものでしょうか。といっても、これはやはり施術を受けることになるエステサロンやクリニックによって変わってくるものです。全身脱毛ということになると、それぞれのクリニックやサロンによって施術の値段を自由に決定できるようになるのです。中には非常に高い値段を設定しているサロンやクリニックもありますし、もちろん良心的な値段で施術を提供しているところもあります。ですが基本的に、クリニックのほうがサロンに比べると値段は高くなっているようですね。 Read the rest of this entry »

余分な物は付けずにお手入れ

将来、細毛になってしまう可能性として考えられる原因の一つが、汚れがシャンプーだけでは落とせない汚れである「酸化皮脂」となってしまうことなのです。最近話題となっていたPM2.5も、酸化皮脂の原因として挙げられており、頭皮や毛穴などに溜まっている皮脂にPM2.5が混ざり、紫外線による酸化が加わると「酸化皮脂」として固まります。そして、毛穴の大きさが狭く浅くなり、将来の細毛に繋がってしまうのです。整髪料等にも混ざり込み易いため、シャンプー時のゆすぎ不足で残留し、表面のキューティクルや髪内部のタンパク質を傷つけてしまうことにも繋がります。 Read the rest of this entry »

美白成分の種類を見てみよう

美白成分というのは、医薬部外品に含まれている限りは、メラニン色素の生成を抑えることによって、シミやソバカスを防ぐ、もしくは予防をするものである、とされています。しかし、厚生労働省が承認した美白成分については、どういった成分が含まれているのでしょうか。これはまず、ビタミンC、アルブチン、プラセンタ、エラグ酸、コウジ酸というような、メラニンをつくる酵素であるチロシナーゼの活性化を阻害する効果を持つものです。 Read the rest of this entry »